京都の障害者支援・障害福祉サービス

社会福祉法人
京都国際社会福祉協力会
Kyoto International Social Welfare Exchange Centre

TEL075-612-1506
(電話対応)火~土 9:00~17:00




のぞみ工房 就労継続支援B型事業所

施設概要
名称
のぞみ工房
事業所種別
就労継続支援(B)型
開設
平成22年4月5日
定員
40名
対象

主として18歳以上の知的障害者とする。
(原則として自力で通所できる者)
職員

事業管理者・サービス管理責任者・職業指導員・生活支援員
目標工賃達成指導員・事務員(兼務)・嘱託医
所在地
〒617-0004  京都府向日市鶏冠井町石橋13番地
電話 ・FAX番号
【TEL】075-933-7280  【FAX】075-933-7281
事業目的&運営方針
  • 就労継続支援事業B型事業所として、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとともに通所により生産 活動、その他の活動の機会を提供することを通じて、知識及び能力のために必要な訓練、その他の便宜を適切かつ効果的に行なうものとする。
    また一般就労に必要な知識能力が高まった者は、一般就労への移行に向けて支援をする。
  • 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って就労継続支援を提供するよう務める。
運営方針
「すべての人に働く喜びとのぞみを」という、法人の理念を日々の取組の基本にし、開発的福祉(一人ひとりの 能力開発、製品開発等)の実現に向けて取り組んでいきます。
事業実施内容
事業実施地域
向日市、長岡京市、大山崎町、京都市
サービス内容・提供日・時間
  • 生産活動
  • 日常生活上の支援
  • 送迎サービス
(1)サービス提供日  毎週月曜日~金曜日
(2)サービス提供時間  午前9時~午後4時(送迎時間を含まない)
費用負担
  • 利用者の世帯の所得状況により負担金が決定されます。(利用者及び配偶者の所得が基礎となりますので、殆どの場合負担金はありません。)
  • 給食代 1食650円(公費負担のある人は300円)が必要です。
  • 訓練材料費、日常生活費は現在徴収していませんが、郊外行事における費用については実費負担をお願いしています。(月2000円を積立)
  • 平成26年度から、弁当にかえて給食を提供しています。
  • 平成25年度末より作業着(通常2着・夏用2着)を配布、着用しています。
  • 施設利用にあたっての計画相談については、法人として「のぞみ相談支援センター」を設置し、主として法人施設利用者及び新規利用希望者のニーズに対応しています。
一日の流れ
9:00~9:05
ラジオ体操
9:05~10:40
ミーティング:作業
10:40~10:50
休憩
10:50~12:00
作業
12:00~13:00
昼食・休憩
13:00~14:20
ミーティング:作業
14:20~14:30
休憩
14:30~15:30
作業
15:30~15:50
掃除&着替え
15:50~16:00
終礼

年間予定
4月
支援計画策定、花見、事業説明会&(保護者会総会)
5月
歓送迎会
6月
健康診断(保健所)
7月
グループ行事(7月~3月)、避難訓練
8月
夏季休業
9月
中間評価(モニタリング)
10月
全体行事(日帰り旅行)
11月
嘱託医師による問診と健康相談
12月
クリスマス会
1月
新年会、新成人を祝う会
2月
個人面談
3月
避難訓練、消防訓練

活動内容
現在のところ、建築資材の加工(レール加工、インセット折戸等)等下請けを中心に事業を展開しています。
将来的には、加熱蒸気式炭化炉を利用した新規事業を行うべく研究・開発をしています。
アクセスマップ
交通
京都市営バス13番 東土川下車 南へ600m、向日町簡易裁判所交差点を西に200m 徒歩約10分
阪急西向日駅下車 北へ300m 番田通を東へ1000m  徒歩約20分
中書島~工房について送迎バスを運行しています。(定員40名)無料。